文字サイズ

スポーツ教室・講習

8. ジュニア卓球(令和2年度)

../img/content/
日 程
R02/ 11/5.6.10.11.12 の5回
時 間
18:15~20:15
 ※初日だけ 受付18:00~18:30、教室18:30~20:30
場 所
スポーツセンター(ダイナックス アリーナ)第2体育館
対 象
市内在住の小学生
定 員
32人  20人 (先着順)
受講料
1,100円
申込期間
10/20(火)12:00~17:00
10/21(水) 9:00~17:00
【ネット申込となります。】
申込の詳細
申込の詳細は、「教室・講習会申込」の 8.ジュニア卓球教室をご覧ください。
問合せ先
千歳市体育協会振興課(ダイナックスアリーナ内)電話:22-4150(日・月・祝日を除く9時〜17時)

 

2019年度 実施結果

 30名での実施、延べ142名、出席率 94.7%。

 開催教室の中で唯一全学年を通しての内容という事もあり、半数以上が兄弟姉妹での参加で好評でした。
 講習は、ラケットに慣れる要素を増やすため、風船やスポンジボールを使ってラケットに引きつけて打つ感覚と、ラケット中央に当てるための練習を繰り返しました。
 また、ラケットの向きを意識させるためボールを上に乗せて隣りへパス、次にボールをラケットに当てる距離感覚とタイミングを知るため卓球台上でボールを挟んで弾く練習、そして台上でのラリーでは、ネット無しから始めました。
 技術的にはバックハンドはラケットをおへその位置から顔の前に弾くように振りますが、ボールが自分のおへそに向かって真っすぐ飛んでくるので実はラケットに当てやすいんです。フォアハンドの場合はボールが目の前を横切ってきますので打球が難しく、むしろバックハンドの方が上手という初心者もいましたよ。
 高学年の上級者には連続打ちやスマッシュなどを、低学年の初心者には球出しと打球練習を繰り返し、その子の能力に応じた指導を行いました。また、今回初めて送球マシンを使用した反復練習の指導も行いましたが効果的でした。
 保護者が球拾いの協力をしてくれたことで、コーチが指導する時間を多くとることができた。

 今回は、お子さんが自宅で保護者と楽しくプレーできることを目標の一つとしましたので、家に道具がなくても食卓テーブルにボックスティッシュをネット代わりに置いてボールを打ち合って楽しむことや、ボールとラケットがあれば自宅でできる遊びも紹介しました。アンケートでは家でもこれらの遊びを取り入れて家族のコミュニケーションをさらに充実させたいとの意見もいただきました。

スポーツ教室・講習

教室・講習会 年間予定

教室・講習会 申込

教室のご紹介

講習会(1日だけ)のご紹介